2020年6月11日木曜日

雨の日の地盤調査





こんにちは😀
全国的に徐々に梅雨入りしてますね☔

雨の日、地盤調査ってするんですか!?とお問い合わせ頂く事があります💁
雨の日って地盤が変わるのじゃないか?正しい結果が得られないのでは!?
とご心配の方もいらっしゃると思います。

雨の日は地盤が緩くなっていると思われますが、それは土地の表面が主です。
雨が地盤調査の結果に及ぼす影響は土地の表面を除くとごくわずかなんです。

けれど、調査の時に調査員にリスクが出てくる事があります。
雨対策をとっていても、足元が不安定なので調査機をセットするのに時間がかかったり、
どうしても晴れの日のようには作業が進みにくくなるんです😔
では、なぜ雨の日の地盤調査の結果は大丈夫かというと、
地盤が最も影響をうけるのは地表面よりも、もっともっと下の層だからです。

地盤調査の結果を見るとその土地の歴史が分かります。
昔の海底や川底があったんだ。
洪水でもあったのかな。この頃、噴火した!?など時期が分かりますよ😀

ご自分の土地で過去に地盤調査をされているなら、
調査報告書を確認してみてください。また、中学生のお子様がいらっしゃるなら地理の教科書と合わせて見ると楽しめると思います。

これからの時期、雨の中の調査員を見かけたら、雨の影響で調査機のセットに手間取ってるかもしれませんが、地盤には影響がありませんのでご安心を😊


スタッフ青木でした✨







0 件のコメント:

コメントを投稿