2021年8月2日月曜日

高台の家 崖の上の家

 



こんにちは


高台にある家って憧れます😊だってとっっても見晴らしが良いですもん!


しかし、地盤は大丈夫でしょうか・・・


固い地盤で土砂災害のおそれはありません!という地盤はほとんどありません

なぜなら、相手は自然だから。

しかし、その中でも私たちは手を入れ造成し、高台に分譲地を作っていますよね。


高台の分譲地でみられる高い擁壁、その中はどうなっているのでしょうか・・・


イメージ



擁壁の高さと同じ長さの基礎が地盤の下に眠っています。断面で見るとL字に見えます。

あってはならない事ですが、この基礎の長さが高さと同じでない場合、倒壊の恐れがあるでしょう。


また、擁壁を作る為に一度地面を掘り、埋め戻し(土をもとに戻すこと)ます。この埋め戻しを丁寧に丁寧にしなければなりません。


景色が良いからといって擁壁の近くに建ててしまったら危険な場合もありますので、

正確な地盤調査が必要です。



高低差のある敷地で、少しでも心配な事があったら


㈱FACEのセカンドオピニオンを利用してみませんか?

お問い合わせ下さい

tel 087-813-6811

e-mail imfo@face215.com


スタッフ 青木でした✨

0 件のコメント:

コメントを投稿