2022年6月13日月曜日

死亡原因から見る保険加入

 



こんにちは

「これから保険に加入しようかな」「どの保険に入ろうかな」という方

まず、ご自分の両親や親戚の病歴や死因を聞いてみましょう。なぜなら、遺伝する事が多いからです。どうゆう家系かを知ると保険の選択がしやすいです。


次に日本の死亡原因を見てみましょう

厚生労働省令和2年(2020年)の統計です。


第一位 悪性新生物【腫瘍】

第二位 心疾患(高血圧を除く)

第三位 老衰

第四位 脳血管疾患

悪性新生物は一貫して上昇、なんと昭和56年から第一位。

心疾患は昭和60年から第二位になっているようです。

そして、老衰が平成30年から上昇で脳疾患に変わり第三位との結果がでました。

この脳血管疾患、早期発見で即日治療できたりしたからなのかな?と考えられますが、老衰が第三位の結果には驚きです。

この老衰前病歴は考慮していないとは思いますが、老衰で亡くなるのは理想です。


このように、親族の病歴やここ数年の死亡原因を紐解いていくと、自分が加入したい保険が絞られてくると思います。


保険のご相談はこちらまで  

お客様の「安心」「安全」「健康」をサポート

株式会社FACE

info@face215.com



 

0 件のコメント:

コメントを投稿